忍者ブログ

zenmele

村岡花子という光

朝ドラ『花子とアン』は、たまにしか見なかった。

しかし、村岡花子という人の一生には関心を抱いたので、
ドラマの原案となっている、『アンのゆりかご――村岡花子の生涯』を読んだ。
非常に感動し、引用されていたエッセイにも惹かれ、エッセイ集と童話集も読んでみた。
(『腹心の友たちへ』『曲がり角のその先に』『想像の翼にのって』『たんぽぽの目』)

村岡花子イコール『赤毛のアン』シリーズの翻訳者、
という私のそれまでの認識は、間違いであったことに気付く。



 アンだけでは、なかった。

 ヘレン・ケラーやナイチンゲールなどの伝記も、
 『フランダースの犬』や『小公女』や『若草物語』や
 『幸福の王子』『アンクル・トムの小屋』etc.

 私が小学生の頃、読んで感探索四十 洗腦銘を受けた本のほとんどが、
 この人の翻訳であったとは、迂闊にも知らなかった。

 この人が、
 幼い私の前の道を照らし続けてくれた、
 光だったのだな――



感謝と敬慕の気持ちが、数多のエッセイを読むごとに、募っていった。
明治から昭和半ばまで、関東大震探索四十 邪教災や東京大空襲を乗り越え、
激動の時代を生きた気骨。
知性と言語感覚、優しさと潔さ、温かい母性。
 
この人の真心に、幼い私の心は育てられたし、
日本中の多くの人々の中にも、きっと花子さんの真心は息づいていることだろう。

『花子とアン』の総集編を観た。
朝ドラとして、最高の名作ではないかと思う。

だが、史実の村岡花子の生涯は、
ドラマよりも、もっと劇的で、
爽やかな豊かさに、満ち願景村人生課程ていたのだ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R